2012年02月15日

探してたものは、こんなシンプルなものだったんだ

「Simple」の歌詞より
sakurai21.jpg
10年先も 20年先も 君と生きれたらいいな
悲しみを連れ 遠回りもしたんだけど
探してたものは こんなシンプルなものだったんだ




2012年02月09日

人と人を繋げていく「エコ」と「愛」

ホームページ「エコレゾ ウェブ」:小林さんとの対談より
sakurai20.jpg
最近、世の中のみんながすごく個人主義になっているように感じるんです。でもそれってものすごく最近の話で、日本も少し前まではもっと「日本という国の国民の一人」というか、共同体という意識があったと思う。それは「共同体でありたい」という本能もどこかにあってのことだと思うんですけど。
日本という国が、共同体としての結束をなくしたあとにも、「家族」という共同体はあった。今はその家族という共同体すらもだんだんあやふやになって個人主義に向かっているんだけれど、共同体の一人でありたいという意識は変わらずあって......。
そこが機能したのが「エコ」なんじゃないかな、と。日常生活の中で少し工夫して「地球のために」と行動したりすることが、「地球」という共同体の一部である、というフワーンとしたイメージを、とても明確なものにしたんじゃないかと思っていて。
「愛」もこれと同じようなものじゃないかと思うんです。「愛ってなんなんだろう」ということを説明するのは難しいけれど、そういうあやふやな何かをまとめている、本当ならば実態がないかもしれないけれど人と人を繋げていくイメージのようなものを「愛」とか言うんじゃないかな、と。

2012年02月08日

その空気を届ける

「ap bank Fund for Japan」公式ホームページ:櫻井和寿からのメッセージ
sakurai19.jpg
震災があってすぐ、友人のミュージシャンからメールがあった。
俺達になにかできることはないか?って。
きっとたくさんの人が同じ思いで、今を過ごしているのだと思う。


緑色に広がる芝生の上
熱を追い払うためのうちわが タオルがひらひらと舞うその横に
たくさんの
それはたくさんの笑顔がある
もちろんそこには大好きな音楽と歌声があって
よりよい未来なんかをちょっとだけ想像する

それが僕の思うap bank fesの空気。

長い道のりであろうことは容易に想像できるけれど
それでもその空気を慌てずに、でも確実に、
災害の起こった場所、苦しんでいる人達に届けることができたらと強く願っている。

2012年01月27日

幸せなんか、そこら中いっぱい落ちてる

「ひびき」の歌詞より
sakurai18.jpg
幸せなんか そこら中いっぱい落ちてるから
欲張らずに拾っていこう





2011年11月10日

東日本大震災後の桜井さんのメッセージ

震災後のMr.Children公式HPより桜井さんからのメッセージ
sakurai17.jpg
「俺ごときが、何を伝えたらいいのか分からない」って
田原がそう言ってた。
「ホントだよね。。。」
僕も同じ。
災害を目の当たりにしている人たちの気持ちを理解したいと思うことすら、
リアリティーのない、能天気な思考に思えて
テレビの前でただ沈黙してしまう。
 
適切な言葉は探せないとしても
言葉が力を持たないとしても、
それでも
ただただあなたを心配しているのだと、
アタフタと ハラハラと
毎日あなたの無事を願っているのだと
そのことを記しておきますね。
そしてそれはきっと日本中みんなが同じだということも。。。
 
何もかも奪われた状況の中。
先の見えない暗闇の中。
それでも心の中に歌があって、
その歌があなたを励ましたり、元気づけたり、
気分転換になったりしてたらいいなぁ。。って
そんなイメージを持つことで
ミュージシャンとしての自分は救われています。
 
とにかく無事でいてください。
僕も気をつけます。
いつかまた一緒に歌える日を願って。
ではまた。

「かぞえうた」についてのメッセージ

Mr.Children公式HPより
sakurai16.jpg
3月14日、メンバーが集まってのミーティング。
収益を義援金にあてる、そのための曲を作るのはどうだろう?
というアイデアがあがった。
でも曲を作って人を感動させるという行為も、この災害を前に不純に思えてしかたなくて、
どうしたらいいのか何日か悩んでいたのですが、
ふと「かぞえうた」というフレーズが浮かんできて、
それにできるだけ作為的でないメロディーをと考え、この歌に辿り着きました。
タイトルは「かぞえうた」です。
1本でもにんじん、2足でもサンダル... これがご存知のかぞえうた。
そして、この歌の歌詞は、
何もかも失い、悲しみ苦しみに取り囲まれている状態でも、
それでもやっぱり希望を探して数えていけたら...また人間にはそういう力があると信じたい。
そんな希望の歌です。

震災後のフェスに対して

「ap bank fes '11」公式ホームページ:櫻井和寿からのメッセージ
sakurai15.jpg
ap bankに携わることを決めるとき、ぼくの中で柱になっていたのは
「自分が日ごろ受けている恩恵に感謝をし自分以外の誰かの為に、存在したい」という強い想いだった。

この震災に直面し
今一度、
でもあのときよりも、もっともっと強い想いで
初心の志を胸に刻みたい。
苦しんでいる人たちの為に何が出来るのかを考えたい。

志に沿って出逢い奏でるという意味の
「沿志奏逢」
心の中にその言葉を書いた旗を掲げて、つま恋に向かいたいと思います。

想いはひとつ
いまこそ、ひとつになろう。

2011年08月30日

僕が生きるうえでこれ以上の意味はなくたっていい

「君が好き」の歌詞より
sakurai14.jpg
もしもまだ願いが一つ叶うとしたら…
そんな空想を広げ
一日中ぼんやり過ごせば
月も濁る東京の夜だ
そしてひねり出した答えは

君が好き
僕が生きるうえでこれ以上の意味はなくたっていい

2011年08月19日

誰のものでもないと図に乗って

「旅人」の歌詞より
sakurai13.jpg
どうせ駄目ならやってみよう
数え切れぬ絶望を味わった夢を追う旅人
この人生をまっとうせよ
誰のものでもないと図に乗って しくじって
そんで今日もまた神頼み


2011年06月18日

当たり障り無い 道を選ぶくらいなら

「I'll be」の歌詞より
sakurai4.jpg
腑甲斐無い自分に 銃口を突き付けろ
当たり障り無い 道を選ぶくらいなら
全部放り出して コンプレックスさえもいわばモチベーション
人生はいつもQ&Aだ
永遠に続いてく禅問答
そしていつの日か僕も dead
I'll be back

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。